ホスピピュア VIO

VIO(デリケートゾーン)の黒ずみで悩んでいる方は多い 〜ホスピピュア〜

ホスピピュア

 

 

最近はやっているVIO脱毛(デリケートゾーンの脱毛)

 

ムダ毛を処理すると、ケアした後に黒ずみが目立ち困っている女性って意外と多いものです。
自分では気づかないだけで、案外VIOのラインは黒ずみがあったりしますから。

 

VIOとはデリケートゾーンのことで

 

V・・・Vライン(ビキニライン
I・・・陰部(女性器周辺)
O・・・肛門周辺

 

を指します。

 

せっかくVIOを脱毛したのに、黒ずみが目立ってしまっては何のためにケアしたのかわからないですよね。

 

あまりひどい黒ずみだと、彼氏が引いてしまうかも知れません。
根拠のない迷信にすぎませんが、遊んでいると黒くなると本気で思っている男性は多いですから。

 

けして口には出さないかもしれませんが、気持が萎えて恋人への愛情が薄れてしまうことも少なくありません。
だからひどい黒ずみは早く何とかしなくちゃいけません。

 

そんな時にあなたはホスピピュアを知ったかと思います。

 

そして、ホスピピュアは乳首を美白する商品だけど、VIOの黒ずみに効果があるんじゃないかなって思ったはずです。
その通りでホスピピュアはVIOの黒ずみにも充分効果があるんです。

 

なぜホスピピュアがVIOの黒ずみにも効果があるか、説明していと思います。
まずその前にVIOの黒ずみの原因について確認をしていきましょう。

 

VIOの黒ずみは3つの原因が考えられます。

@デリケートゾーンは皮膚が薄く刺激・摩擦に弱いから黒ずみができやすい

 

A下着などの圧迫も受けて黒ずみができやすい

 

Bホルモンバランスの乱れにより黒ずみができやすい

 

VIOは皮膚も薄くできていて、もともと下着との摩擦や圧迫、乾燥の刺激を受けるので黒ずみができやすい部分なんです。そして皮膚が刺激を受けると皮膚を守ろうとメラニンが増えるので黒ずみがひどくなっていくんです。

 

ホスピピュアがVIOにも使えるわけ

 

VIOの黒ずみ改善に使えるケアコスメの条件を挙げてみます。

@美白有効成分が配合されていること
Aお肌の荒れを整える成分が含まれていること
B保湿成分がしっかり配合されていること
Cお肌に優しい無添加なものを選ぶこと

ホスピピュアはこの4つの条件を全てクリアしています。

 

ホスピピュアは、トラネキサム酸という美白有効成分が配合されている医薬部外品のクリームです。このトラネキサム酸は、国からも美白有効成分として認められていて、昔から肝斑(かんぱん)の改善に使用されている薬です。
※肝斑とは、ほほなど顔の左右対称にできるシミのことです。

 

このトラネキサム酸が皮膚の下の基底層にあるメラノサイトに働きかけて、黒ずみの原因であるメラニンの生成を抑制してくれます。

 

ホスピピュアは保湿効果にも優れていて、お肌の生まれ変わりターンオーバーも正常に導いてくれるんです。

 

そしてホスピピュアは、とても敏感な乳首をケアをするために作られたものなので、天然由来の成分を使用しています。だからお肌に優しいため、たとえ敏感肌の方でも安心して使えます。同じように敏感な部位であるVIOにも安心して使用することができます。

 

 

ホスピピュアのVIOへの使い方

 

ホスピピュアをVIOに使用する回数とタイミング

 

・1日朝晩の2回
・お風呂上がりやシャワーの後がベスト

 

ホスピピュアは、朝晩の1日2回でお風呂上がりやシャワーの後、デリケートゾーンが清潔で毛穴が開いているタイミングがおすすめです。
お風呂やシャワーの後は清潔で毛穴も開いているので、ホスピピュアの美白成分がデリケートゾーンの皮膚の奥まで届きやすくなります。

 

 

ホスピピュアのVIOへの使用量

 

ホスピピュアはプッシュ式の容器になっています。
1回のVIOのケアで使用する量は2〜3プッシュ。手の平に出して伸ばします。

 

 

Vラインへの使い方【デリケートゾーンVIO】

VIOのVライン

Vラインとは
前面のアンダーヘアで下着に隠れているキワの部分です。ビキニラインとも言われたりします。

 

 

Vラインの黒ずみ部分より少し大きめの範囲を意識して塗り残しがないように優しく塗り込んでください。

 

Iラインの使い方【デリケートゾーンVIO】

VIOのIライン

Iラインとは
女性器の周り(両サイド)の部分のことです。皮膚が薄く形も複雑なので、塗りにくい部分です。

 

Iラインを塗る際は、性器の外側にホスピピュアを塗るようにしてください。
Iラインは直接見えないため、しゃがんだ体勢で鏡に写しながら行うと上手く塗れます。
間違っても粘膜の個所(性器)に塗ってはいけません。

 

 

Oラインの使い方【デリケートゾーンVIO】

VIOのOライン

 

Oラインとは
肛門周りのことです。直接見ることができない個所のため、とても塗りづらい部分です。

 

Oラインの肛門周辺を塗る際は、しゃがんだ体勢で鏡に写しながら行うと上手く塗れます。
絶対にOラインの肛門の粘膜には塗らないようにしましょう。

 

 

 

>>ホスピピュアとホスピピュアVIOの違いとは?