ホスピピュア 使い方

ホスピピュアの効果的な使い方と使ってはいけない部位とは?

 

ホスピピュアは、湘南美容外科クリニックとシーオーメディカルが共同開発した薬用美白クリームです。
乳首などの黒ずみに悩む女性にとても人気があります。

 

そんなホスピピュアですが、正しい使い方をしなければせっかくの美白効果もきちんと発揮しません。
そこでこのページではホスピピュアの正しい使い方をご紹介していきたいと思います。

 

 

またホスピピュアは、乳首以外にも顔やVIOにも使えるの?

 

などホスピピュアについて多くの方が思う疑問点についても調べましたのでご紹介していきます。

 

 

ホスピピュアの正しい使い方

 

ホスピピュアを使う回数とタイミング

お風呂とシャワー

・1日朝晩の2回
・お風呂やシャワーの後がベスト

 

 

ホスピピュアは、朝晩の1日2回で出来ればお風呂やシャワーの後肌が清潔で毛穴が開いた状態がベストです。
お風呂やシャワーの後は毛穴が開いているので、ホスピピュアの美白成分が皮膚の深層まで届きやすくなります。
朝のシャワーの習慣がなければ、蒸しタオルを数十秒バストトップに当てるだけでも同じ効果が期待できます。

 

もし化粧水を使用する場合は、どちらを先に使ったらいいの?って迷いますよね。
その場合は、先に化粧水、次にホスピピュアを塗り込みましょう。
化粧水によってホスピピュアの美白成分が導入しやすくなる側面があるからです。

 

 

ホスピピュアの使用量

お風呂とシャワー

 

ホスピピュアはプッシュ式の容器です。
1回のケアで使う量は2〜3プッシュほど。手の平に出して伸ばします。

 

ここで節約のためと言ってケチると効果も出にくくなりますので、必ず2プッシュは使用してください。

 

 

ホスピピュアの使い方(基本)

 

乳首または黒ずみの気になる部分に手のひらに伸ばしたホスピピュアを塗り込みます。
塗る範囲としては塗り残しを防ぐために、黒ずみよりも少し大きめの範囲に塗り込みましょう。
その際に円を描くように塗り込むとクリームの塗りムラの厚みが均一になって効果的です。

 

 

ホスピピュアの使い方(塗った後)

 

ホスピピュアを塗り込んだ後、すぐに下着などを着けてしまうと擦れてクリームが落ちてしまいます。
そのため、ホスピピュアを塗った後は、乾くまで1分程度待ちましょう。

 

どうしてもすぐに下着を装着したい場合は、塗り込んだ個所にドライヤーを数秒当てて乾かしてください。

 

 

ホスピピュアの美白効果を高める使い方(裏技)

 

黒ずみを早く美白にする効果的な方法をお教えしたいと思います。

 

・気になる黒ずみ個所にはハンドプレスと重ね塗りが有効

 

 

特に気になる黒ずみ個所には、手のひらを使ってハンドプレスをしてください。
ハンドプレスをして人肌に温めることで美白成分の浸透力が増すので効果的です。

 

また重ね塗りもとても有効な方法です。ただし1回目に塗ったクリームガ乾いてから2回目を塗ってください。
1回目が乾く前に塗ってしまうとただ単に量を多く塗っただけになってしまうので重ね塗りの効果はありません。

 

ホスピピュアを顔へ使用する場合の使い方

 

ホスピピュアを顔のシミやくすみを改善するために使いたいという時は、洗顔後に2〜3プッシュ手に取ってください。そして人肌で温めてから塗るのがポイント。

 

顔全体に優しく伸ばしていきます。目の下、シミ・そばかすが気になる部分には重点的に塗り込みましょう。

 

 

ホスピピュアを使ってはいけない部位は唇などの粘膜

 

ホスピピュアは顔、肘、脇、バストトップ、膝、お尻、VIO、くるぶしなど体全体に使用することが出来ます。
ただし、唇、目、性器、肛門などの粘膜には使用できませんのでご注意ください。

 

 

>>ホスピピュアは効果がないとの口コミが!?